春の長崎県魚 たい


 栄養と効能

一般成分は白身魚の典型的な値を示しています。ビタミン類も適当に含有していますが、ミネラルは少ないです。バランスよく各種アミノ酸が含まれており、うま味に関与するイノシン酸が死後体内にたまりやすいために、味が非常によく、消費者に好まれています。魚の体内のイノシン酸の量と死後の分解の程度は魚の種類によって異なっており、タイの場合は死後もこのイノシン酸が分解しにくいため、鮮度が落ちず、俗に「腐ってもタイ」といわれています。
動脈硬化、視力低下、高血圧、ストレスの予防にも効果が期待できます。
 


 特徴と種類

旬は春。鮮紅色の体色と、銀鱗を光らせるキリッとした体型のよさで、海産魚中で最も珍重され、「魚はタイ」といわれるほどの代表魚です。春が旬のタイの仲間は、チダイ、キダイなど。
マダイの特徴は、体は側扁形、尾ビレは正形の二叉状で、後縁が黒ずんでいます。
天然物は、5〜6年で成魚になり、体長は0.6〜1m、8〜10kg。寿命はおよそ30年といわれています。養殖もさかんです。2〜3年で800g〜2kgに生長させ出荷します。


 給食調理メモ 

タイは、頭と中落ちをどう調理するかで腕が決まるといいます。ウロコだって使えます。つまり捨てるところがない魚というわけです。頭は二つ割りにして、かぶと煮、かぶと焼き。中落ちは、腹骨と”サク”に切ったときの端身で潮(うしお)汁、鍋ものに。一尾ものなら豪快に姿焼き、タイのうまみや香りを炊き込んだタイ飯。(→おいしい魚の見分け方


刺身

吸い物

姿造り

長崎のさかな辞典へ

 

Copyright:2003 長崎魚市株式会社
Nagasaki Uoichi co.Ltd