夏の長崎県魚 いさき


 栄養と効能

それほど目立った栄養成分はありませんが、タンパク質ビタミンDの含有はいくぶん多めです。
魚の良質なタンパク質は塩分を排除する働きがあるため、高血圧や脳血管障害の予防、成人病予防に有効です。
ビタミンDは成長期の子供たちの歯や骨の発育に必要不可欠な栄養素。ほかに皮膚や粘膜を健康に保ち、細菌やウィルスの侵入から身を守るというビタミンAも含まれており、トリ目など視覚障害の予防にも効果が期待できます。


 特徴と種類

「鶏魚」と書いてイサキ。背ビレのトゲが鶏のトサカに似ていることからこの字があてられています。東・南シナ海、朝鮮半島南部、本州中部以南沿岸の海藻の多い岩礁域に多く生息し、体長約40cmにまで成長します。5月〜8月ごろにかけて獲れるものは形もよく、脂がのって美味。味の良さはタイにも劣らないとされる高級魚で、特に刺身が好まれます。
イサキの目は新鮮なものでも曇っており、鮮度の決め手は腹部のしまり具合、肉色が薄いピンク色をしているかどうかなどを基準にします。
梅雨から夏場が旬で、脂が乗っておいしいです。


 給食調理メモ

イサキは刺身で食べるのが最もおいしいとされていますが、給食では三枚におろしたものをムニエル、塩焼き、オーブン焼き、蒸し物などに利用します。肉質は軟らかいですが、骨が固く、突き刺さりやすいので幼児、高齢者用の給食には注意が必要です。

長崎のさかな辞典へ

 

Copyright:2003 長崎魚市株式会社
Nagasaki Uoichi co.Ltd