冬の長崎県魚 ぶり



 栄養と効能 

 ブリは成長段階や季節によって成分に差がありますが、注目すべきは脂肪に含まれるEPADHAの豊富さ。特に養殖はまちの切り身には魚介類中第三位を誇る含有量があり、天然のブリもトップクラス。
また、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリンが豊富です。中でも血合部には普通肉の3倍量も含まれています。
脚気や炎症予防に効果のあるビタミンB1B2の含有量も多く、さらに特記すべきものにパルミトオレイン酸(POA)が豊富であることがあげられます。これには脳の血管に栄養を補い、血管壁を丈夫にする働きがあるとされている成分です。


 特徴と種類

 「出世魚」の代表選手。稚魚から順に”もじゃこ”、”つばす(わかし)”、”はまち(いなだ)”、”めじろ(わらさ)”、”ぶり”と呼び方が変わります。九州南沖の温帯で生まれたブリの子は郡をなして北海道の南部にまで回避し、秋に水温が下がると再び南の海に戻ります。翌年の冬頃には体長1m、体重10kgほどの親魚に成長し、腹に卵を抱えて産卵のために南下します。これが”寒ぶり”と呼ばれる栄養の宝庫です。魚市では養殖したブリ(4kg前後のもの)をハマチと呼び、天然物と区別しています。


 給食調理メモ

 大型魚ブリは照り焼きが人気。大量調理の場合、焼かずに油で揚げてタレをからめる「なべ照り」にすると簡単においしくできます。脂肪が多いので焼き物がベストですが、他のものに利用するときは油は少なく。身だれが早いので調理は手早くしましょう。(→おいしい魚の見分け方


刺身

塩焼き

照り焼き

ぶり大根

まこの甘辛煮

まこ(卵)

長崎のさかな辞典へ

 

Copyright:2003 長崎魚市株式会社
Nagasaki Uoichi co.Ltd