魚の部位別栄養学


  • ...魚好きが絶対見逃さないおいしさ
    口びるの肉、頬肉、目玉と目玉の周辺の肉など、小さい肉ながら大変おいしい。
    頭がおいしい魚は、タイアマダイイサキブリ、サケなどです。
  • ヒレ...皮膚や筋肉を造るコラーゲンを含む
    かの楊貴妃も好んで食したという「フカヒレのスープ」がまずあげられます。ヒレに含まれるコラーゲンは美肌を造る栄養素です。
  • ...高たんぱく・高脂肪でEPA・DHAを含む
    タイ・カレイ・タラなどは、血圧やコレステロール値を下げるタウリンを豊富に含みます。
    動脈硬化・ガン・ボケなどをはじめとする生活習慣病予防に有効なタウリン、肉には含まれていないビタミン類が豊富な部位です。
  • 内臓...新鮮な魚の内臓にはビタミン類がいっぱい
    内臓は脂肪が多く、濃厚な味です。
    アンコウの肝のように肝臓がおいしいのですが、ここにはビタミンAが大量に含まれています。
  • ...カルシウムが豊富。ビタミンDと一緒に摂る。
    イワシアジ、メゴチなど三枚におろしたあとの中骨を、立て塩に浸してから酒にくぐらせ、風干しにする。
    カルシウムもたっぷりです。カルシウムは、骨や歯の材料になり、神経・筋肉の機能を維持し、神経の興奮を鎮めるなどと重要な働きをします。
  • ...肉の部分よりビタミン類が豊富
    皮には、粘膜の健康を保つビタミンA、糖質代謝に重要な働きをするB2(特に黒い皮の魚)が豊富なほか、煮こごりを作るゼラチン質も含んでいます。
  • 血合い...ビタミン類と鉄が豊富。貧血予防に最適部位。
    カツオの血合い肉にはタンパク質を主成分に、ビタミンAB1B2B12タウリンを多く含み、とりわけB1は多く、肉の数倍から数十倍も含まれています。
  • 魚卵...親より栄養価が高い魚の卵
    卵巣や白子で、これから生命が誕生するのですから、各栄養素をバランスよく、しかも高濃度に含み、親より栄養があります。特に、A、B群、Eなどのビタミン類ミネラルの銅・亜鉛などを多く含み、目や肌・髪、胃腸、血管などの健康を促進します。

 

Copyright:2003 長崎魚市株式会社
Nagasaki Uoichi co.Ltd